風俗で大人の魅力を感じた!という人達の体験談を集めて掲載しています。

風俗で大人の魅力を感じる

絞り出された

投稿日:2016年6月6日

「精液根こそぎ吸い出してあげよっか」そんなことを急に言ってくるデリヘル嬢がいました。「そんなことできるの?」「まぁ、見てなって」と普通にフェラチオをしてくれたのですが、とくにテクニックが凄いということもなく、普通な感じでした。「じゃあここから本気ね」といきなり凄い勢いでチンコが吸われていくのを感じました。「じゅるじゅじゅずぞぞー」「ちょっ待ってそんなのすぐ出ちゃう」と思いっきり発射。びっくりして肩で息状態でしたね。しかし「ここからが本気だって言ったでしょ、続けるね」「は?続ける?」と疑問に思ったのもつかの間、嬢はまたもチンコを口の中に入れてじゅるじゅるっと凄い勢いでフェラ始めました。するとあれだけ憔悴していたチンコがみるみる回復。「ちょっ凄すぎだって」と抵抗もむなしく2回目もすぐに抜かれてしまいました。「まだいけるはずだよ」とまさかの3回目開始。この後4回目まで連続で抜かれ、確かに根こそぎ持ってかれた感じでしたね。

パンツコキ

これはとても寒い日のデリヘル体験談です。寒くはあったのですが、それに性欲が勝ったかたちとなりホテルに向かってデリヘルを頼みました。やってきたのは冬なのでコートをしっかり羽織って、帽子もした170くらいの女の子でした。自分もそのくらいなので、ちょうど同じくらいの目線になってしまい、ちょっと照れくさかったですね。そして早速ベッドに一緒に寝て始めようかということになりました。彼女はまず上半身の衣服を脱いでいき、つづいて下半身の衣服を下ろしていきました。この時の動作がゆったりとしていて、これがプロの焦らしかとムラムラしていましたね。そして脱いだ衣服をベッドの下に置いていったのですが、この時自分はパンツに目線が釘づけになっていたようで「パンツでしごきましょうか」と言ってくれました。自分はコクコクと頭を全力で縦に振り、パンツコキの開始。パンツは脱ぎたてだったのでとても暖かく、冬の寒さで冷えた自分のものを優しく温めてくれました。